消費者金融審査

消費者金融審査の項目

消費者金融に限らず、金融機関による借り入れ審査の項目は以下の三点に集約されます。

  1. 所在確認(申し込んだ本人が実在するか否か)
  2. 返済の意思の有無
  3. 返済能力の有無

@の所在確認については、別人に成りすましてお金を借りるといった詐欺の手口による対策です。ネット上ではありふれていますが、実社会においても少なくありません。例えばある人物が消費者金融の窓口で借り入れを申し込み、その際に本人の所在をきちんと確認せずに融資を実行した場合、偽造の免許証で黙れている可能性もあります。

後日、支払い日になっても返済が履行されず、申込書に記載された住所に連絡しても連絡がつかないといったことにつながります。したがって、金融会社が融資をする際には必ず本人確認を実行します。

Aの返済意思の有無ですが、借り入れを申し込む人はお金が必要だから申し込むのであって、返済の意思があるかどうかを聞くと、ほぼ100%の人はyesと答えるでしょう。しかし最初から詐欺を目的としていなくても、結果的に返済が履行できなくなる場合もあります。

後日何らかの事情が発生して返済できなる場合も少なくありませんので、申し込みの段階で察することは不可能です。無論、動機が詐欺目的のものについては、かなり慎重に調査をします。

B返済能力については、現在の収入が大きく関係してきます。サラリーマンのように毎月決まった収入のある人は必然的に信用度も高くなりますし、逆に一定の収入がないアルバイトやパート、あるいは専業主婦といった人たちは信用度も低くなります。また、自営業者のように毎月ある程度の収入がある場合でも、決まった額ではない場合は信用度が低くなります。