消費者金融審査

消費者金融の審査基準とは

消費者金融やキャッシングローン会社で融資を受けるためには、各社の審査基準に通らなければお金を借りれません。審査基準とは、勤続年数や年収などが主で、他には現在の債務残高、過去のブラック歴、居住状況、家族構成などがあります。

借金がなくて勤続年数が三年以上あるサラリーマンならば、審査に落ちることはまずありません。一番落とされる可能性が高いには、現在の借金が年収の三分の一以上あったり借り入れ件数が4件以上もある多重債務者だったりすることです。そういった方は、大手や銀行系のローン会社では融資を受けることは不可能です。

中小か、それとも貸金業に登録をしていない闇金融業者ならば、審査に通る可能性があります。どうしてもお金が必要な場合は、そういった金融会社を利用すると良いでしょう。

0

総量規制

総量規制が施行されたことで、借り入れ審査は厳しくなりました。年収の三分の一以上の借り入れが出来なくなりましたし、身分証明書の提出が義務化されました。今まで新規借り入れで支払いをしていた、いわゆる自転車操業も出来なくなりましたし、夫の名義でお金を借りていた専業主婦なども審査に通らなくなりました。

これはこれで、多重債務者をなくすことで良いことなのでしょうが、どうしても今お金が必要な人などは困ってしまいます。緊急にお金が必要な場合が必ず発生してきますので、あらかじめ審査の甘いローン会社などをピックアップしておくことで、対処できるでしょう。ネットなどのクチコミ情報を基に、検索をすれば簡単に探せますよ。