お金

所得の種類

人間、生活を営む上で必ずお金が必要になります。したがって、どこかからお金が入ってこなければ、生活を維持出来ませんし、お金がなければ餓死してしまいます。

お金が入ってくることを、金融専門用語で「所得」と言います。所得とは、収入から必要経費や保険料などの控除を差し引いた金額のことです。所得には以下の10種類あります。

利子所得
債権や預貯金の利子、貸付信託や投資信託の収益の分配などから発生する所得
配当所得
株式や投資信託の配当、出資の余剰金の分配などから発生する所得
不動産所得
不動産や土地の権利などの貸付から発生する所得
事業所得
商業、工業、農業などの事業から発生する所得
給与所得
会社に勤務することで得られる給与、賞与などの所得
退職所得
会社を退職することで得られる所得(退職金)
山林所得
五年を超えて所有していた山林を売った所得
譲渡所得
事業用の固定資産や家庭用の資産などを売った所得
一時所得
クイズ番組の賞金や宝くじ、満期保険金などの所得
雑所得
公的年金や雑誌や漫画の原稿料の所得

所得税

年金などの所得は一定の条件に該当すれば、非課税となりますが、基本的に所得には所得税がかかってきます。

所得税は1月1日から12月31日までの間で得た所得合計にかかる税金のことです。所得税は基本的に各種の所得を合計して算出されます。

ただし、利子所得、退職所得、譲渡所得、山林所得、源泉分離課税を選択した配当所得などは他の所得とは合算せずに、それぞれ分離して計算します。

年金と雇用問題