年金

試用期間の待遇を確認

就職をする際にチェックしておきたいことは、試用期間の有無、その間の厚生年金はどうなるのかを確認しておくべきです。会社によっては、採用から三ヵ間は試用期間であるという理由で、三ヵ月経過してから遡って社会保険の手続きをする会社も珍しくありません。

また、三ヵ月後に、遡ることなくその日から加入手続きをする会社もありますが、これはどちらも問題を含んでいます。もし仮に入社して何らかの都合で三ヵ月の試用期間を待たずに退職した場合、厚生年金に加入させない取り扱いは、違法になります。

アルバイトであれ、嘱託であれ、厚生年金の適用事業所に雇用されて、所定労働時間、労働日数とも常勤者のおおむね四分の三以上勤務する人は、健康保険と厚生年金に加入が義務づけられているからです。

もしも未加入のまま、この試用期間中に交通事故や重い病気にかっかた場合、障害厚生年金が一切支給されません。万が一に亡くなった場合には、遺族厚生年金が支給されない場合があります。

この試用期間を入れないと全被保険者期間の三分の二以上の保険料納付期間や保険料免除期間を満たせない場合は、障害基礎年金や遺族基礎年金が支給されないこともありうるのです。

わずか三ヵ月の違いで、公的年金が支給されない悲劇が発生する可能性があるとうことです。

年金と雇用問題