消費者金融

おススメ消費者金融


0UFJ三菱銀行

 石橋をたたいても渡らないといわれる三菱銀行だけは潰せないのではないか、多くの金融アナリストが危惧されていました。将棋で言えば、矢倉の中に穴熊となっていて、詰めることは難儀ではないかと考えていた。ところがあろうことか、二〇〇四年七月、不良債権処理に白旗を上げたUFJの救済に出てきた。まさしく世間知らずのボンボンが裸で野戦場に飛び出してきたに等しい、とわたしは小躍りした。バブル崩壊以降、何度も言ってきたが、日本には大銀行は要らない。潰さなければならない。とくに資本主義ならぬ農本主義のDNAを持つおじいちゃん、おばあちゃん、一般の国民を救うためにも、大銀行は潰したほうがいいに決まっている。

 たとえて言えば、金融とは体内を流れる血管で、マネーサプライとは血液に相当する。この血液が身体の隅々まで行き渡れば、身体は活性化するし、毛細血管まで血液が来なくなれば、身体にだんだん栄養が回らなくなり、死んでしまう。血液を送るポンプの役割をしているのが日銀である。日銀はバブル崩壊後からずっと短期金利を下げて血液をどんどん送っている。ところが、途中に血栓があって、そこで血が止まっている。血栓が不良債権を抱えた大銀行であることは言うまでもない。せっかく送った血液がそこに留まってしまうので、毛細血管まで行かない。

消費者金融の歴史

正社員以外でも年金は出る

信金業界の企業格差

賃金減少が失業か

UFJ三菱銀行

Copyright © 消費者金融 All Rights Reserved.